武蔵中原駅から徒歩1分の神経内科・内科クリニック。頭痛 めまい 手足のふるえ・しびれ 身体のけいれん 物忘れ 武蔵中原 武蔵小杉 川崎市

武蔵中原まちいクリニック|内科・神経内科・リハビリテーション科

JR武蔵中原駅より徒歩1分。

English

手足のふるえ(ふるえ外来)

手足がふるえると悩まれている患者さんは多くいらっしゃいます。

ふるえが脳血管障害(脳卒中)からくるものなのではないかと心配されている方も少なくありません。
しかし、実際に脳卒中の初期症状で手足のふるえが出るということは少なく、脳卒中の症状として多いのは手足が動かなくなる「麻痺」です。

手足のふるえの原因となる代表的な病気はパーキンソン病、本態性振戦、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)が挙げられます。

パーキンソン病について

パーキンソン病の場合はふるえの度合いが大きく、また体が止まっている時に起こります。パーキンソン病はふるえ以外にも、上手く歩けない(歩行障害)などの、全身の運動機能に影響が出ますので、神経内科での正しい治療が必要となります。

本態性振戦について

本態性振戦とは、あまり聞きなじみがないと思いますが、中高年にみられるもので、手に何かを持ったときにふるえが出ます。パーキンソン病に比べふるえの度合いは小さい場合が多いようです。

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

甲状腺の働きが活発になると、動悸、疲れやすさ、眼球突出などの症状に加えて、手のふるえを自覚することがあります。
ふるえを自覚したら、内科、神経内科で診察・検査を受けることをおすすめします。

ふるえでお困りの方はご相談ください

当クリニックでは神経内科専門医による、ふるえ外来を行っています。
手足のふるえでお悩みの場合はご相談ください。

このページの先頭に戻る