武蔵中原駅から徒歩1分の神経内科・内科クリニック。頭痛 めまい 手足のふるえ・しびれ 身体のけいれん 物忘れ 武蔵中原 武蔵小杉 川崎市

武蔵中原まちいクリニック|内科・神経内科・リハビリテーション科

JR武蔵中原駅より徒歩1分。

English

認知症外来

認知症が広く知られるようになり、もの忘れを感じると病気ではと心配される方も多くなりました。もの忘れはある程度は年齢を重ねることで起きる普通の老化現象です。

認知症の原因としては、アルツハイマー病がよく知られていますが、他にもたくさんの病気が原因となります。
専門的な診察、検査の組み合わせで診断していきます。

ご家族の物忘れでお困りの方も、まずはお気軽にご相談ください。

認知症チェックシート

認知症の患者さんは、ご自身では自覚がないことも少なくありません。
以下の症状が見られる方がご家族にいらっしゃいましたら認知症の可能性を疑ってみましょう。

もの忘れが多くなる
同じことを何度も言ったり聞いてくるようになった
今切れたばかりの電話で、誰と話していたのかを忘れてしまう
物のしまい忘れ・置き忘れが増え、物を探すことが増えた
よく知っているはずの人の名前が思い出せなくなった
薬を飲み忘れることが多くなった
今日の日付や曜日・時間がわからない
時間・場所を間違える
普段よく使う道でも道に迷うことがある
約束の日時・場所をよく忘れたり間違えたりする
理解力・判断力が衰える
簡単な計算間違いが多くなった
料理・片付け・運転などのミスや、蛇口・ガス栓の閉め忘れが多くなった
雑誌や新聞、テレビ番組を見ても内容が理解できなくなった
人柄・性格が変わる
ささいなことで怒りっぽくなった
気分が落ち込みやすくなった
意欲が低くなる
趣味や楽しみ対する関心がなくなった
一人で外出することが減った
身だしなみに気をかけることがなくなった
自分の失敗を人のせいにしたり、以前よりも疑い深くなった
不安感を強く示すようになる
ひとりになると怖がったり寂しがったりする
外出時、持ち物を何度も確かめる

検査・診断

まずは患者様の経過をお聞きし、必要に応じて血液・尿、レントゲン、心電図などの各種検査を行います。CT検査が必要な場合は、連携先の医療機関にて検査を受けていただくこともできます。

治療

認知症は、現在の医学では完全に治すことができませんが、適切な治療やケアを行うことによって進行を遅くしたり、症状を軽減することができます。方法としては、お薬やご家族の皆さまにご協力をお願することが中心となります。

ご家族に、もの忘れの症状が現れてお困りの方も、まずはお気軽にご相談ください。
当クリニックでは、介護相談も行っております。

このページの先頭に戻る