武蔵中原駅から徒歩1分の神経内科・内科クリニック。頭痛 めまい 手足のふるえ・しびれ 身体のけいれん 物忘れ 武蔵中原 武蔵小杉 川崎市

武蔵中原まちいクリニック|内科・神経内科・リハビリテーション科

JR武蔵中原駅より徒歩1分。

English

帯状疱疹

帯状疱疹とは

帯状疱疹は、水痘(みずぼうそう)のウイルスが原因で全身のどこにでも神経の走行に沿って、皮膚症状(小さな水ぶくれ、湿疹、赤み)や神経痛を引き起こす病気です。

一般的には、身体の左右どちらか一方の神経に沿って発症することが多いです。

急な頭痛が起きる場合も

典型的な皮膚症状が頭皮や首周りにある場合は診断がつきやすいのですが、皮膚症状が出現する数日〜1週間前に痛みが先行して出現し、「急に頭痛が起こってきた」と自覚することがあります。

帯状疱疹の治療

水痘が原因の場合は、抗ウイルス薬と神経痛を抑える薬で治療します。

また、50歳以上の方には、水痘ワクチン(自費)の接種をお勧めしています。
ご希望の場合は、お電話(044-739-8010)でお問い合わせください。

帯状疱疹後神経痛とは

症状が長引いた場合や高齢者の場合は、皮膚症状が治った後も帯状疱疹後神経痛として慢性の痛みが数年から一生続くことがあります。

帯状疱疹後神経痛は激痛(焼けるような痛みや電気が走るような痛み)が持続する難治性疼痛の一つと言われ、外傷が見られないため周囲に痛みが理解されず、患者のQOL(生活の質)は大きく低下します。帯状疱疹後神経痛にならないためには、早期発見・早期治療が大切です。

帯状疱疹が治っても、痛みが残る場合にはご相談を

皮膚科で帯状疱疹の診断を受けた後、神経痛の痛みが残っている方でお悩みの場合はお問合せください。

このページの先頭に戻る