武蔵中原駅から徒歩1分の神経内科・内科クリニック。頭痛 めまい 手足のふるえ・しびれ 身体のけいれん 物忘れ 武蔵中原 武蔵小杉 川崎市

武蔵中原まちいクリニック|内科・神経内科・リハビリテーション科

JR武蔵中原駅より徒歩1分。

English

高次脳機能障害

人の脳は、手足を動かしたり、痛みや温度を感じ取るだけでなく、記憶、注意、学習、思考、判断などの「高次機能」もコントロールしています。

ところが、脳卒中(脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血など)、脳腫瘍や交通事故や転落による脳外傷によって脳が損傷を受けると、これらの機能が失われてしまうことがあります。この状態を「高次脳機能障害」と呼びます。

高次機能障害は、片麻痺などの身体の障害とは異なり、周囲から気付かれにく、本人も自覚できていないことから、「見えない」障害と呼ばれることもあります。そのため、患者さんはもちろん家族や周囲の人も戸惑うことになってしまいます。

高次脳機能障害の症状は?

高次脳機能障害は、損傷した脳の部位によっていろいろな症状が現れます。
これらの症状を理解することで、患者さんのリハビリや生活および就労支援に上手に繋げることができます。

記憶障害

側頭葉に損傷を受けた場合に起きやすい障害です。 自分自身が経験した出来事に対する記憶が障害される「エピソード記憶障害」や、学習することによって獲得した知識の記憶が障害される「意味記憶障害」、体を使って覚えた作業や工程に関する記憶が障害される「手続き記憶障害」など記憶障害がさまざまな程度で組み合わさって起こります。

注意障害

前頭葉や頭頂葉に損傷を受けた場合に起きやすい障害です。
注意力(集中力)が低下するために以下のような症状が起こります。

  • 今取り組んでいることを続けられない
  • 物事に気付けない
  • 複数の事に同時に注意を向けられない
  • 注意を切り替えられない
  • 一度にたくさんの情報を処理できない

遂行機能障害(実行機能障害)

ある目的を達成するための一連の行為を要領よく行えなくなる障害です。
調理や家事などの作業が手際よくできなくなってしまいます。

社会的行動障害

前頭葉と側頭葉に損傷を受けた場合に起きやすい障害です。
社会的行動障害は、人と交流する際に必要な「我慢」が難しくなる障害です。例えば感情のコントロールができずに、すぐに怒ったり笑ったりする、食べ物を無制限に食べてしまう、相手の立場を思いやった行動ができないなどです。

記憶障害、注意障害、遂行機能障害もあるために周囲との良好な関係が保てなくなってしまい、トラブルの原因になることも多いです。

高次脳機能障害のリハビリテーション・支援

高次脳機能障害のリハビリテーションは、まずは患者さんの障害と程度を評価する必要があります。高次機能障害のリハビリテーション、支援は長期間を要する場合が多いですが、適切に対応することで社会復帰することも可能です。患者さんの障害に応じて最初は簡単な内容から始め、徐々に複雑な内容へ訓練していき日常生活および社会生活への復帰を目指します。

当クリニックでは、神奈川県内の専門病院や専門のリハビリテーションセンター、支援センターと連携して、患者さんの評価、リハビリテーション、支援をサポートしています。 高次機能障害の患者さん、ご家族および介護者でお困りの場合は、ご相談ください。
また、当クリニックでは介護相談も行っております。介護に不安を抱えていらっしゃる場合はお気軽にご相談ください。

このページの先頭に戻る