武蔵中原駅から徒歩1分の神経内科・内科クリニック。頭痛 めまい 手足のふるえ・しびれ 身体のけいれん 物忘れ 武蔵中原 武蔵小杉 川崎市

武蔵中原まちいクリニック|内科・神経内科・リハビリテーション科

JR武蔵中原駅より徒歩1分。

English

脊髄小脳変性症

脊髄小脳変性症は、小脳や脳幹、脊髄が障害され、神経細胞が徐々に変性・消失していくために運動失調をきたす神経疾患で、難病に指定されています。
遺伝性と非遺伝性(孤発性)のものがあります。

脊髄小脳変性症の有病率は、日本では人口10万人に対して5〜10人程度と言われています。

運動失調とは、それぞれの筋肉の力は正常であるものの、小脳、脳幹および脊髄の障害のために他の筋肉とバランスを取る調整機能が障害され、なめらかな動きができなくなる状態です。

脊髄小脳変性症の症状

  • 歩行時のふらつき
  • 転びやすい
  • 手指を思うように動かせず、細かい作業ができない
  • 文字が上手にかけない
  • お箸を上手に使えない
  • 舌がもつれて、ろれつが回らなくなる

脊髄小脳変性症の診断

臨床症状や遺伝子変異から多数のタイプに分類されています。
遺伝歴の有無、臨床症状、経過、頭部画像検査、遺伝子検査などから診断を確定します。 当クリニックでは、連携医療機関と相談しながら診断を進めます。

治療・リハビリ

脊髄小脳変性症には、運動失調の改善薬として内服薬のタルチレリン(セレジスト)や注射薬のプロチレリン(ヒルトニン)があります。
また、適切にリハビリテーションを行うことで症状の軽減や身体機能・筋力の低下を防ぐことができますので、日常生活を支障なく長く続けていくことが十分に可能です。

ご家族の方へ

脊髄小脳変性症は、日常生活の中でもご家族の協力が必要になる病気です。
その際、地域のサービスを活用することで、より安心して患者さんと向き合うことができます。当クリニックでは、介護相談も行っておりますのでお気軽にご相談ください。

このページの先頭に戻る