武蔵中原駅から徒歩1分の神経内科・内科クリニック。頭痛 めまい 手足のふるえ・しびれ 身体のけいれん 物忘れ 武蔵中原 武蔵小杉 川崎市

武蔵中原まちいクリニック|内科・神経内科・リハビリテーション科

JR武蔵中原駅より徒歩1分。

English

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、眠っている間に呼吸が止まってしまう病気です。
自分では自覚しにくい病気のため、まわりの方から指摘されて初めて自覚する方が多く、潜在的な患者さんはもっと多いと推定されています。

次のような症状を指摘されたり、
自覚したことはありませんか?

眠っているとき

  • 大きないびきをかく
  • 息が急に止まったままになる
  • 呼吸が乱れる
  • 息が苦しくて、ハッと目が覚める
  • 何度も目が覚める
  • 寝汗をかく

日中、起きている時

  • すぐにウトウトと居眠りをしてしまう
  • 記憶力や集中力が低下する
  • 体を動かすときに息切れする
  • 常に疲れている感じがする

こんな方は要注意!SASになりやすい方

睡眠時無呼吸症候群は、生活習慣に大きく関わっています。
下記の項目に複数当てはまる方はご注意ください。

  • タバコを吸っている方
  • 飲酒の頻度が高い方
  • 太り気味の方
  • 高血圧や糖尿病、脂質異常症
    (高脂血症)を指摘されている方
  • 首が短い方
  • 首の脂肪が多い方
  • 下あごが小さい方
  • 歯並びが悪い方

睡眠時無呼吸症候群 セルフチェック!

  • 毎晩大きないびきをかきますか?
  • 「睡眠中に呼吸が止まっていた」と指摘されたことがありますか?
  • 昼間、眠くなることがありますか?
  • 居眠り運転をしそうになったり、会議中にうとうとしてしまうことがよくありますか?
  • 朝起きたとき、寝たはずなのに疲れが残っている感じや頭重間・頭痛がありますか?
  • 若い頃より体重が増えて顔つきが変わったと言われますか?
  • メタボリックシンドロームの傾向はありますか?

当てはまる症状が多いと、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性があります。

健康な人と比較して1.5倍〜4倍の倍率で
重大な病気を発生するといわれています

  • 糖尿病           :1.5倍
  • 高血圧           :2倍
  • 虚血性心疾患  :3倍
  • 脳血管疾患     :4倍

気になる症状がある方は、
まずは医療機関に受診してください

睡眠時無呼吸症候群は睡眠時に起こるため、なかなかご自身は気付きにくい病気です。
大きな病気につながらなくても、日中にうとうとと居眠りをしてしまうと、交通事故や仕事の効率や質の低下など、日常生活への影響も少なくありません。

気になる症状のある方は、まずは当クリニックの睡眠時無呼吸外来を受診ください。

このページの先頭に戻る