武蔵中原駅から徒歩1分の神経内科・内科クリニック。頭痛 めまい 手足のふるえ・しびれ 身体のけいれん 物忘れ 武蔵中原 武蔵小杉 川崎市

武蔵中原まちいクリニック|内科・神経内科・リハビリテーション科

JR武蔵中原駅より徒歩1分。

English

禁煙外来

「ストレスが多くて…」
「習慣になってついつい吸ってしまう…」
「以前に禁煙に挑戦したけど落ち着かなくて…」

タバコが身体に悪いのはわかっているし、家族からも冷たい目で見られて肩身が狭い、それでもなかなか禁煙できずにいませんか?

禁煙したいのに禁煙できずにいるのは、意志が弱いからではありません。
タバコに含まれる「ニコチンに依存性」があるためです。

依存性のあるものを一人の力で断ち切ることは難しくて当然です。
禁煙できずに諦めている方は、医師と二人三脚で禁煙治療をしてみませんか?
当院では保険証が使える禁煙治療を行っておりますので、禁煙したい方は一度ご相談ください。

禁煙するとどれだけお得?

2015年のJTによる調査では、タバコを毎日吸う人の1日当たりの平均喫煙本数は、男性で18.6本、女性で14.7本となっています。1箱20本入り420円のタバコをこのペースで一年間続けたとすると、タバコにかかる年間の費用は以下になります。

タバコ1本当たりの金額
420円÷20本=21円

1年間でかかるタバコの金額

  • 男性:18.6(平均喫煙本数/日)×21(タバコ1本の金額)×365(日)=142,569円
  • 女性:14.7(平均喫煙本数/日)×21(タバコ1本の金額)×365(日)=112,675円

男性・女性ともに年間で10万円以上タバコに使っていることになります。
もし禁煙できれば、これまでタバコに使っていたお金で美味しい食事をしたり、欲しいものを買ったり、旅行に行くこともできます。

このように禁煙後の楽しみをイメージとして持っておくと、禁煙治療のモチベーションも上がりますので、ぜひ想像してみてください。

禁煙外来ってどんなもの?

禁煙治療は12週間(約3か月)による治療になります。

チャンピックスという禁煙治療薬を使い、ニコチン切れによるイライラなどの症状を軽くし、タバコをおいしいと感じにくくするという効果があります。チャンピックスは1日1回から開始し、飲み始めの1週間で徐々に服用量を増やします。

このページの先頭に戻る